NASH

うつ病に効果があるしじみ

仕事のトラブルや対人関係、過労や寝不足。現代社会はさまざまなストレスで溢れていますから、自分でも気付かない内に軽度のうつ病を患っている方もいらっしゃるかもしれません。
しじみには軽度のうつ病を改善http://www.xn--68jc1jy99r815a.com/bousi.htmlしたり、ストレスに強い身体を体を造るのに効果的な成分がたくさん含まれており、現代人の心強い味方になってくれます。

まずストレス軽減に効果がある成分といえば、メチオニンです。
後悔の感情や悲しい気持ちをつくる原因とされている成分がヒスタミンですが、メチオニンには、このヒスタミンを分解して、気分を回復してくれる効果があります。

また、メチオニンは、脳がドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質を作り出すのに必要な成分でもあるのです。
ドーパミンは仕事や学習などで、やる気を起こさせ、モチベーションを高めてくれます。
セロトニンは、精神を安定させたり、幸福感を作り出してくれます。
ノルアドレナリンは、思考や意識を活性化する役割を持っています。

つまり、メチオニンはネガティブな感情を作る物質を消しさり、ポジティブな感情の源となる物質を作りだすのに欠かせない成分ということですね。
しじみは、そのメチオニンを豊富に摂ることができる食材です。

また、これらの神経伝達物質を作り出すのには、ビタミンB群も欠かせません。躁うつ病患者の多くには、ビタミンB群が不足しているという報告もあるくらいです。
しじみには、ビタミンB群が含まれていますが、中でもビタミンB12が多く含まれています。ビタミンB12は、野菜などの植物から摂取することが出来ない貴重な栄養です。
身体の不調が精神の不調の原因であることも考えられますね。疲労感が溜まると、どうしてもイライラしてしまいがちです。

そんな疲労感の原因の一つとして、アンモニアがあります。
アンモニアは身体が作り出す老廃物の一つ。これが体内に溜まると全身に疲労感が表れます。
しじみに含まれるオルニチンには、このアンモニアを解毒してくれる作用があり、疲労感を和らげてくれるのです。

このように、しじみは心と体に良い効果を持っています。
が、もちろん無理は禁物。ストレスを抱えないよう、生活を見直すことも大事です。
もし、うつ病が深刻な場合は心療内科や精神科に行き、相談する必要もあります。